日本と海外の国際学校間交流を促進し、
海外と日本地域をつなぎます。

interview

Case
04

訪問校: ラ・ウニオン高校 (ペルー)

受入校: 埼玉大学教育学部附属中学校 (埼玉)

2017年02月

日本の生徒の皆さんと同じ時間を過ごしたことで、異なる文化や考えをする人々への敬意を学びました!

Siva Oshiro Sebastian (セバスティアン オシロ) くん

日本に来る前の日本の印象は、人や物に対して敬意を払う文化で、きちっとしている印象でした。私は沖縄に親戚がいて、日本の文化の話を聞くのが大好きです。実際に来てみて、日本は安全で、規律正しく、そして人々はとても親切で素晴らしい国だと思います。

学校交流で思い出に残っていることは、書道と茶道、そして琴の演奏です。琴のような楽器はペルーには無く、とても美しい音色でした。書道と茶道はペルーの学校で文化として紹介があり、インターネットを通じては知っていましたが、実際に体験したことはありませんでした。私は日本人とペルー人のハーフなので、日本の文化にはとても関心があり、実際に体験できてよかったです。

学校交流以外では京都や奈良の文化体験、特に古い建物や大きな仏像のある奈良のお寺はとても気に入りました。今回の日本に来られて本当にうれしかったです。

全く違う世界に来たことで、私の心に変化がありました。日本の生徒の皆さんと同じ時間を過ごしたことで、私たちの異なる文化や考えをする人々への敬意を学びました。いつかまた戻ってきたいと思います。