日本と海外の国際学校間交流を促進し、
海外と日本地域をつなぎます。

interview

Case
03

訪問校: 國立屏東高級中学 (台湾) 生徒36名 教員3名

受入校: 奈良県立 高田高等学校 (奈良県)

2016年10月実施

ひとつのことに協力して取り組むことで、言葉が通じなくても心が通じ合うことを実感しました。

左/澤田明朱香さん

中/石井美帆さん

右/坂口愛美さん

交流する前までは言葉が通じないので、不安でいっぱいでした。英語でコミュニケーションをとる授業はありますが、台湾語はまったくちんぷんかんぷん。そういったこともあって、最初は緊張してしゃべりかけることができませんでしたが、机を並べて授業を受けているうちに、いつの間にか打ち解けることができました。そのきっかけは授業の一環で行ったゲームです。身振り手振りでコミュニケーションをとりながら力を合わせてチャレンジしているうちに、自然と仲良くなることができました。

台湾の方たちと触れ合って実感したのは、何事にも積極的な姿勢です。日本に来る前から日本語を勉強してセレモニーで発表してくれたり、授業の合間でフレンドリーに声をかけてくれたり、私たちが逆の立場だったらできないことを自然とやっているポジティブさにはとても刺激を受けました。

屏東高級中学の方々との交流を通して感じたことは、コミュニケーションの重要性です。今回はボディランゲージでも自分たちの思いを伝えることはできましたが、次の機会にはもっと深い意思疎通が図れるように、語学の勉強に励みたい