日本と海外の国際学校間交流を促進し、
海外と日本地域をつなぎます。

interview

Case
02

訪問校: 新竹市立香山高級中学 (台湾) 生徒32名 引率7名 添乗員1名

受入校: 千葉県立安房拓心高等学校 (千葉県)

2016年10月実施

学校でもお寺でも日本の礼儀正しさと清潔感が印象的、理論だけではない体験が楽しい

くん

訪日旅行で一番印象に残ったことは、ホームステイで畳の上で寝たことです。ホームステイの家族の方が作った手作りの料理は全て美味しかったですが、中でも一番おいしかったのはコンニャクです。台湾のものと食感が違って美味しかったです。

また、登山と仏像を見たことも楽しかったです。登山はしんどかったのですが、きれいな風景が見られるので登山は非常にやりがいがあると思います。日本のお寺は台湾のお寺より秩序があり清潔感があるところが良かったです。

学校交流での印象は、皆さん礼儀正しく、校舎もキレイなところが印象的でした。そして皆さんとも親切で、自分が困っていると言わなくても自発的に助けてくれるところが良いと思いました。ただ、日本の生徒の食事の量の少なさにはびっくりしました。

授業交流では園芸でコサージュ作りを体験しました。自分はデザイン学科ですが、もっと上手にできればよかったと思いました。台湾の授業内容の講義・理論中心ですが、日本の授業内容の方が実技(実践)が多く、実際に作る体験ができて良かったです。

日本に来てから困ったことは、テレビにカードを入れることや、番組が少ないことです。また、食事の時に食器の上に箸を置いてはいけないことは知りませんでした。

今回の訪日旅行ではホームステイ、登山、実習の授業など、日本の礼儀と秩序や生活環境を理解することができ良い体験となりました。