日本と海外の国際学校間交流を促進し、
海外と日本地域をつなぎます。

interview

Case
02

訪問校: 新竹市立香山高級中学 (台湾) 生徒32名 引率7名 添乗員1名

受入校: 千葉県立安房拓心高等学校 (千葉県)

2016年10月実施

おばあちゃん過ごす時間、神社の参拝、学校での書道、多くの体験が日本の歴史や伝統文化を学べる機会

さん

訪日旅行で一番印象に残ったことは、ホームステイです。農家のおばあちゃんと一緒に食器を洗ったり、布団をひいたことです。特に手作りの朝ごはんは全部美味しかったです。

晩御飯では手作りのお餅も食べました。台湾でもお餅は食べるのですが、手作りはあまりなく化学食材によって作られています。日本はお餅もは手作りでした。

日本の学校交流では、日本の生徒たちは挨拶をしてくれるし、校舎が全体的にキレイなところが台湾と違い、好印象でした。

授業交流では書道を選びました。台湾では決められた中国の詩を書きますが、日本では自由に書きたい字を自由に選ぶことができ楽しかったです。

日本に来るのは、実は初めてではないのであまり困ったことはありませんでしたが、小さな頃からずっと日本の町はキレイで、人々は礼儀正しいと感じています。

もし来年後輩が日本にくるとしたら、神社に行くことをすすめます。昨日も神社に行ってきました。神社をただ訪問するだけでなく、参拝のマナーや着物を着て伝統的なやり方の茶道体験もしました。

今回の訪日旅行ではホームステイと学校交流、神社体験など、日本の歴史や伝統的文化を深く体験できる訪日旅行は印象深い体験となりました。